トップ組織概要経営概要業務のご案内ディスクロージャー地域貢献活動採用情報
トップ > 経営概要 > 「JAグループ自己改革」実践状況

JAグループ自己改革への継続的な取組みの強化

 当会では、農業・農協改革の趣旨を踏まえ、JAグループ自己改革に掲げる「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」に資する支援を目的として、前中期3ヵ年計画(平成28年度~平成30年度)に引き続き、現中期3ヵ年計画(令和元年度~令和3年度)においても、本取組みを継続します。

●農業融資残高伸長
 JAバンク福岡では、農業と地域を支える農業専門金融機関として、農業者に対して適切な資金対応を行いつつ農業融資の残高伸長を図っています。

農業融資残高伸長


●担い手経営体のCS向上
 顧客満足度の向上を目的に、多様化する担い手のニーズや満足度等を把握するため、CS調査を実施しています。
 調査結果については、各JAにフィードバックし、信用部門・営農経済部門等との連携強化による課題認識の共有等に努め、担い手ニーズへ適切に対応することでCS向上を図っています。

メイン強化先に対するCS調査結果


●農業と地域・利用者を繋ぐサービス等の提供
■相談会の開催支援
 JAバンク福岡では、「JA年金相談会」・「JAローン相談会」を開催し、対面サービスの提供による地域住民へのJA認知度・好感度向上に取り組んでいます。当会では、講師の派遣や資材の提供等を行い、相談会の開催支援を行っています。
 JA年金相談会に関しては、新規に年金を受け取られる方への受給手続きや、働きながら年金を受給できる在職老齢年金などに関する幅広い相談に対応しています。
 令和2年度につきましては、店舗において新型コロナウイルス感染症防止策のうえでお客様に安心して来店していただきました。今後の開催につきましても、withコロナを踏まえ、状況に応じて相談会の開催支援を行ってまいります。
 JAローン相談会に関しては、商品内容の説明や返済に関するシミュレーション・各種提案を行っています。
 

相談会